読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活の幹

就活のテクニックではなく、求められる人になるための本質・考え方・構え方など考えてみます!

【朝の読み物】 「企業-顧客」の関係を「自分-企業」の関係として置き換えて記事を読んでみる

就活全般

これはマーケティングの記事なのですが、「企業-顧客」の関係を「自分-企業」の関係として置き換えて捉えられないか?と思ったのでShareします。

business.nikkeibp.co.jp

 

簡単に言うと目線です。就活にあてはめると、

「私は〇〇ができます。」

ではなく、

「私は△△のように貢献できます。」

前者のように伝えることによって、"「それができることは分かったが、うちの会社でどうできるの?どうしたいの?」と思われてしまいかねない"ですが、後者は相手の立場で伝えることができ面接官も咀嚼しやすいのではないでしょうか。

 

このような読み替えでこの記事をご覧になってはいかがでしょうか。

 

どう貢献できるか述べられるということは、一定の企業研究がなされているということにもなります。応募者は貢献の仕方をイメージできるなら、将来自分はどうしたいかについても意見が出てくるかもしれません。

 

まずは参考までにご一読を!