読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活の幹

就活のテクニックではなく、求められる人になるための本質・考え方・構え方など考えてみます!

【騙されてはいけない】 転職は経験しておくことが本当に良い?

就活(転職)

数年前、ある日突然、知らないAgentから会社にメールが届きました。

Agentにヒアリングすると、どうも私の勤務先の退職者が私の情報をリークしたようでした。一度話をしてどんな情報を持ってくるのか勉強しようと思い会ってみました。

 

そこで言われたのは「30台のうちに転職を1度くらい経験しておくほうが良い」ということでした。(当時30代半ばでした。)

 

そして今、転職活動中。面接の中で多くの方に言われるのは「会社を辞めるなんて勿体ない。」ということ。なんだか逆です。

 

これだけ長く働いたのだから(15年以上勤務してました)、そのままいる方が良かったのでは?というご意見が多数だったのです。その背景には給与が下がる可能性があるほどの、業種の転換、職務内容の展開をしようとしていることもありますが、ざっくばらんに話のできる企業ご担当者様とのやりとりもいくつはかある中で、真実はこれだと感じました。

 

転職の回数は0が好評価であり、回数が増えるほどその理由に一貫性や熟慮されたものでないと評価としては好評価になり難いようです。そしてあまりに多いとリスク管理の観点で疑ってかかる必要も出てくる。

 

私なりの解釈ですが、Agentはマージンで運営する企業ですので、転職者が必要なわけです。それを産み出すセールストークと言って良いでしょう。

 

ちなみに得た情報は、あるソフトウェアベンダーの採用方法やトレンド。

後に、実際に同期が退職して受け、さらには内定が頂けなかった企業だと分かりました。そこで知りえた情報と内定が取れなかった話を突合させた時、マッチする要素があったので、正しい情報も含まれていたのだと裏付けが取れました。

その後、そのAgentへ連絡はしていません。

良いAgentもいらっしゃいます。そうではない人も。焦らずに熟慮することが大切です。

何が真実か見極めるのはやはり自分ですね。